Search this site
サイト『七月の樹懶』の話と、更新履歴を主に。
サイト更新・2018/02/09。
+『フォルティス・オディウム』シズナ編1章4。
+『カフェ『アルテア』の営業日報』日報2ページ目追加。

以上の更新を行いました。

FOは、メインヒーローがヒロインのもとを去り、第2ヒーローが登場したところで、第1章終了です。明後日のコミティア123、と43b『雨の庭』(深海いわしさま)に委託させていただく体験版で、2章までが先行でお読みになれます。
……が、これ、奥付で申している通り、まだ最終手直し前の状態でして、子世代エクリュ編を書いていて気づいてしまった設定ミスを直しておりません。
正式版は、Web版の公開、あるいは、5月ティア発行予定の本編上巻をお待ちくださると幸いです。

また、四城半アーカイブの『カフェ『アルテア』の営業日報』は、基本的に、前週更新された日記を、1週遅れでアップしてゆきます。(土曜日日曜日にその週の結果をアップする事も考えたのですが、「どうせなら全部まとめてサイト更新したいなー」と、だらけた自分が言いました)

という訳で、私の気力がボッキリ折れなければ、今年は毎週金曜日になにかしら更新をしてゆく事になります。
今はまだ始まったばかりで、定期更新を守っていますが、去年の霧戦争日記とかを見ていると、だんだん遅れてゆく未来が見えるので……本当にちょっと気合入れて頑張りたいです、はい。
posted by たつみ | 20:49 | 更新履歴 | - | - |
300字SS『お約束』

 彼はやる事がいちいちしっかりしているが、失敗する事もあるのだろうか。

 彼でも、きまり悪そうに笑う事があるのだろうか。

 試してみたくて、悪戯を持ちかけた。

「ピザ、って十回言ってみて」

 彼は不思議そうに小首を傾げながら、「ピザ、ピザ、ピザ……」とはっきりと繰り返す。

 きっちり十回言いきった所で、「じゃあ、ここは?」と肘を指し示して笑う。

 彼は真顔で即答した。

「腕だろう?」

 ……試そうとした私が、馬鹿でした。

 深々と溜息をついて、がっくり肩を落とすと、彼は「解せぬ」という表情を浮かべて、また首をひねるのだった。


――――――――――――――――――――――


第39回Twitter300字SS様参加作品。お題『試す』。


本編公開を始めました、『フォルティス・オディウム』超番外編。

今まで色々と不穏を積み、本編もいきなり血生臭いので、少しだけふざけました。しかしこのオチはもう使い古されたものだと思うので、そこからの題名になります。

posted by たつみ | 21:08 | 小話 | - | - |
サイト更新・2018/02/02。
+『フォルティス・オディウム』連載開始
+『カフェ「アルテア」の営業日報』更新開始

……あけましておめでとうございます。(完全な今更感)
年末にご挨拶をしてから、新年に何にも書いていませんでしたが、今年もよろしくお願いいたします。
今年は、新作『フォルティス・オディウム』親世代を駆け抜け、定期更新ゲームのアーカイブもまた更新してゆくので、サイトはのろのろ動くと思います。
2018年もマイペースで活動するなまけものですが、お付き合いくださると幸いです。
posted by たつみ | 23:01 | 更新履歴 | - | - |
2017年を振り返って。(12/30 追記)
2017年も残り少なくなってまいりました。
今年は色々とあった年になりましたので、少し振り返ってみようと思います。
具体的な数字は出しませんので、何の参考にもならないかと思われますが、自己の記録として、残させていただきます。
続きを読む >>
posted by たつみ | 11:45 | 雑記 | - | - |
300字SS『約束を破る』、『渡せなかった碧』
『約束を破る』

 あれは遠き幼い日。
 シロツメクサの花畑で、花の指輪をひとつ編んで、君の左薬指にそっと通した。
『おおきくなったら、おれのおよめさんになって!』
 小さな贈り物に、君は碧い目を真ん丸く見開いて、それから、至上の幸せに満ちた笑顔で、大きく頷き返してくれた。
『うん! なる! わたしあなたのおよめさんになる!』
 だいすき! と。
 君は俺に飛びついて、二人して白と緑の褥に倒れ込んで、高い笑い声を弾かせながら転げ回った。

 全部、全部ただの思い出だ。

 約束を破ったのは、俺だから。君を裏切って、君を悲しませたのは、俺だから。
 だから、どうかせめて。
 花が似合っていたその手に剣を持って、俺の血で、白を隠す程に紅く染めてくれ。



『渡せなかった碧』

 旅の空の下、鬱屈した表情ばかりの貴女を少しでも喜ばせたくて、装飾品店で指輪を買った。
 貴女の誕生石は、その瞳の色と同じアクアマリン。良く知っている。
 宿を取った夕食の席で、贈るタイミングを見計らっていた時、目に入ってきた、貴女の左薬指に鈍く輝く、銀の指輪。
 何の装飾も無い、純度も低い銀製のそれが、何を意味するか。わからない訳が無い。

 ああ、そうか。貴女はまだあの男を想っているのか。

 そっと指輪を収めた小箱をポケットに戻し、夕食後、再び装飾品店に走って、細いチェインを買った。それに指輪を通し、首からかけて、服の下に隠す。
 貴女が誰を想っていても。
 誰にも気づかれず貴女の色を抱くくらいは、許されたいと思った。


――――――――――――――――――――――

第38回Twitter300字SS様参加作品。お題『贈り物』。

恒例になった、次回作予定『フォルティス・オディウム』超番外編でお送りします。
これがそれぞれ、最近インフォメペーパー等でチラチラお見せしている親世代のヒーロー、アルダとミサクの二人なのですが、
「何でお前ら揃いも揃ってそんなにエモいんだ」
と、書いた本人がツッコミを入れる事態になりました!
posted by たつみ | 21:20 | 小話 | - | - |
サイト更新・2017/11/26。
+『ユリア・クールハートの霧戦争生存報告』第37週日記更新
+『なまけものの欠伸』に『にわか雨と青い傘』『フォシルマスター 化石召還!』『反逆の狼煙』再録

以上の更新を行いました。
霧戦争は、まだ再更新がありますが、日記はこれで確定なのでアップします。というか、本筋の結果が確定しないと、今週金曜日の日記が書けないのです……。墜ちるか墜ちないかで、導入変わるので。
こういう、自分の力ではままならない部分でドキドキするのも、定期ゲームの楽しみ方なのですかね。一年近く、初めての定期ゲーをやってきて、知りました。

また、短編掌編ページを、1年半ぶりに更新しました。全て、かつて書いて、最初の短編集『なまけものの石ころ小箱』(完売済み)に収録した作品の再録ですが、「昔の方がくどくなく書けたな……」と目を細めて眺めてしまいます。
ものかきとしての年月を積み上げた事で、一作を書き上げる力は、確実に昔よりついていると思うのですが、若さと引き換えに失ったものは色々ありそうです。

あと、実は明後日サイト16周年なのですが、今日更新をした事で、何もせずに終わりそうです。
なので、16周年ありがとうございます、と、忘れる前に申しておきます。だらだらのなまけものですが、どうかこれからもよろしくお願いいたします。
posted by たつみ | 12:35 | 更新履歴 | - | - |
サイト更新・11/05。
+『ユリア・クールハートの霧戦争生存報告』第30〜34週目日記更新
+オフライン情報更新

以上の更新を行いました。

ハイ!(手パァン!) ものすっごい更新の間が空きましたすいません!! 実質先月は何にもしていないザマです!!
何を言っても言い訳なので、仔細は申しませんが、身体がガッタガタでした、はい。
やっと落ち着いてきたので、気になっていた部分を一気に更新しております。
オフラインページの『アルテアの魔女』情報は、特設ページに詳細を移し、既刊紹介ページでは、1巻の書影のみ載せる様式にしました。詳しくは特設ページへ! という形です。

落ち着いている今の内に、次のイベントの事も考えたいのですが、秋ティアにはもう間に合わないものの、来年、春ティアで『フォルティス・オディウム』本編を開始する前に、4月のゆめつむあたりで、薄い短編連作っぽいものを出せたらいいな、と思っています。
全ては、私の心身の状態と、水面下で書いている話たちの進行度次第です。

今月は、サイト16周年を迎える月でもあるので、何か出来たら何か(何か)したいなあとは思うのですが、これも完全に調子次第です!
サイトを始めた頃より時間はあるはずなのに、完全に余裕が無くなっています。これが歳を取るという事なのかなあ……と遠い目をしつつも、今出来る全力を尽くして、やりたい事を続けていきたいです。
posted by たつみ | 12:37 | 更新履歴 | - | - |
テキレボ6お疲れさまでした。

こちらで全く宣伝しませんでしたが、昨日10/28、第6回Text-Revolutionsに参加いたしました。

当ブースにお越しくださった皆様、本をお買い上げくださった方、無配を受け取ってくださった方々、皆様に感謝申し上げます。


今回は、足かけ3年で刊行してきた『アルテアの魔女』最終巻が無事発行されまして、多くの方のもとへ旅立ってゆきました。全巻買いの方も複数人いらして、

「大丈夫ですか!? 鞄に入りますか!?」

と恐縮しながら7冊ゴゾッとお渡ししました。

更に、エレの言の葉は国境まで越えて、金髪の素敵なお姉さまが、一生懸命勉強されたのだろう日本語で、

「アルテアの魔女、ネットで少し読んで、とても面白かったです(いい笑顔)」

とおっしゃってくださったのは、とても嬉しかったです。

咄嗟に「Thank you very much.」を返せないで、おもいっきり「ありがとうございます!」と日本語で返した、自分の英語力を呪いました。

いまだかつて無いほどアルテアが旅立った事については、

「それが長く続けて、完結させるという事ですよ」

と、お隣の青波さんに諭されました。

本当に、「面白かったです」「楽しみにしています」とお言葉をくださった皆様のおかげで、6巻+αの最後まで駆け抜ける事が出来た事、ありがたく思います。


既刊本と次回作『フォルティス・オディウム』の抜粋を載せた無料配布本も完配し、帰りは、かなり買った戦利品を入れても段ボールがひとつスカスカになるという事態に、ちょっと、いやもとい、かなりびっくりしました。


合体配置で両脇を固めてくださった青波零也さん、深海いわしさんにも感謝感謝です。青波さんが無配を差し出すと、隣から私も差し出し、更にいわしさんもスッ……という完璧な無配体制でした。

更には、閉会後の懇親会で、じゃんけん大会に勝ち残った上に、次回参加無料権まで引き当ててしまって、私、運使い果たしてないかな!? とかなり心配なのですが、次回も何が何でも参加したいですし、今回は最近の体調不良で諦めてしまった打ち上げ参加もしたいです。

朝の設営から参加して、本当に楽しい一日でした。ありがとうございました。


次のイベント参加は、来月23日のコミティア122(こ37b/創作文芸)になります。その後は来年4月のゆめつむまでイベント参加予定がありませんので、架空ストアさまの委託販売をご利用くださると幸いです。


物理本最大(現時点)の『アルテアの魔女』は終了しますが、たつみのオフライン活動はまだまだ続きますので、どうか今後ともよろしくお願いいたします。


【追記】

皆さんが触れてらっしゃるのに、自分は言及しなかった事に気づきまして……。


今回のお買い物代行の形式は、かなり良かったと思います。しおりを事前にいただいて、ひとつひとつ仕込みをしておけたので、当日にアワアワする事無く受付まで持って行けました。

それでもボックスにインする時にもたついてしまって、森村さんがシュパパパッと手伝ってくださったので、本当にありがとうございます。ここは今後レベルアップします。


そして300字ポストカードラリーも楽しませていただきました。くじ引きで、サークル賞をがっつりいただきました。

ひとつ、大きな反省点は、代行を納めに行った時に、「もうルールはわかってるし!」と、用意されてたリーフレットを回収せずに、ポスカをポケットにポイポイポイッと入れて戻ったら、リーフレットをピックアップする事が作業完了確認代わりだったらしく、主催さまに確認のご足労をおかけしてしまった事です。

慣れてきた時が一番油断しますね。気を引き締めて、初心を忘れずに次回も参加したいと思います。

posted by たつみ | 13:54 | 雑記 | - | - |
300字SS『一人酒』
「何が美味しいのかしら」
 大笑しながらエールをあおる仲間を見やり、貴女はどこかつまらなそうに、そうぼやいた。
「味より気分を楽しむんだ。酔って嫌な事を忘れる為に」
「私達を不快にさせる事も忘れるのね」
 他に聴こえない程度に嫌味を吐いて、溜息をこぼす貴女に、「じゃあ」と提案する。
「大人になったら、一緒に酌み交わそう。嫌な事も忘れる程に」
 すると貴女は、ぱちくり目をまたたいて、その後、軽く笑んだ。
「楽しみにしてるわ」

 それから季節が数度巡り。
 満月の下、テーブルの上には、葡萄酒を注いだ二つのグラス。向かいの椅子は空。

 グラスを軽く合わせて乾杯し、口に含んだ葡萄酒は、やたら苦みを帯びて、喉を滑り落ちていった。

――――――――――――――――――――――

第37回Twitter300字SS様参加作品。お題『酒』。

今回も、次回作予定『フォルティス・オディウム』超番外編です。
もうこうなったら、事前に不穏を積めるだけ積んでいこうというスタイルに開き直りました。
積み上げた不穏の意味が判明するのは、恐らくリアル時間で一年以上後になると思います。
posted by たつみ | 21:02 | 小話 | - | - |
『アルテアの魔女』同人誌版のWeb掲載につきまして。(9/15追記)
いきなり不穏なタイトルで始まりましたが、そんなにおおごとではないです、すみません。
ちょっとしたお知らせです。

昨年から、カクヨムのみで掲載を続けていた『アルテアの魔女』同人誌版ですが、一身上の都合により、カクヨムへの掲載は、9月30日の第二部3章5の掲載をもって、一旦休止の形を取らせていただきます。
理由はあくまで本当に「一身上の都合」ですので、問題が解決するか、私自身の考えが変わるか、があれば、再開はあり得ますが、現状の心持ちでは、その可能性はかなり低めである事を申しておきます。

代わりと言ってはなんですが、この個人サイト『七月の樹懶』の方で、同人誌版最終巻が発行された以降、自身の諸々の余裕を鑑みて、現行の『アルテアの魔女』『紅の鬼神』『死神の継承者』のページを統合し、順次同人誌版に差し替えていきたいと思っております。(現行版も読めるように、ひとつ奥まったところに置いておこうと思います)

カクヨムで追いかけてくださっていた方、もしいらしたら、ご期待に沿えず、大変申し訳ございません。いずれにしろ、いつかは同人誌版の全てを、Web上のどこかで読めるようにしたいと思いますので、気長にお待ちくださると幸いです。
どうか、今後ともよろしくお願いいたします。

【2017/9/15 追記】
これだけめちゃくちゃかっこつけておいて、申し訳ございません。
可能性が低いと申していたたつみの翻意が起きた事により、カクヨムでの連載を大幅に変更します。
9月30日の第二部3章5掲載までは変わりませんが、以後、10月より、週1〜2の更新ペースで、掲載を進めます。
翻意した理由については詳しくは申しませんが、大方の予想通りだと思いますので、そういう事です、とだけ申します。

コロコロ意見が変わって大変申し訳ございません。
個人サイトでの差し替えも、順次行っていく予定は変わりませんので、今後もお好みの媒体でお付き合いくださると幸いです。
何卒、よろしくお願いいたします。
posted by たつみ | 14:42 | お知らせ | - | - |