Search this site
サイト『七月の樹懶』の話と、更新履歴を主に。
第7回Text-Revolutions アフターレポート

ご大層なタイトルをつけて始めましたが、何てことは無く、単に私がブログを動かしたかったのと、今回誕生日とモロかぶりだったので、残りの命数数えたらもう二度と無いだろうから、記念に文章として残しておこう、という意図で記した、テキレボレポです。

特に面白おかしく書ける訳ではありませんが、ほんともう、イベント直参当日に誕生日だったのが空前絶後なので、覚えている限りの事を、書き記します。

続きを読む >>
posted by たつみ | 22:04 | 雑記 | - | - |
300字SS『宵空から降る』

『死した人は、母なる大地に身体が還り、父なる空にその魂を抱かれて、星となって子孫を見守り続けるの』

 いつか妻が話してくれた、西方のならわし。

 その話に則るならば、既にこの世を去った自分の両親も、身体は土に還り、無限の天空のどこかで、自分達を見守ってくれているのだろう。

 草の上に寝転がって、無数の星が瞬く宵空を見上げていた時、

「あ」

 傍らの孫が、無邪気に声をあげた。

「ながれぼしー」

『流星は、生まれ変わり』

 だから、流れ星の後には、再び地上に命が芽吹くという。

 そしてその通り。

「産まれたわよ」

 妻が微笑みながらゆっくりと歩いてきて、孫の赤銀髪をくしゃりと撫でた。

「これで貴女もおねえちゃんね、エレ」

 

――――――――――――――――――――――
 

第43回Twitter300字SS様参加作品。お題『空』。

 

「もう書かないだろうと思います」と言ったのを覆して、『アルテアの魔女』より、超番外編になります。

物理本5、6巻にあたる、続編を読まれていると、ニヤリとする仕様です。というか、そうでないと混乱を招く仕様になっております。すいません。

久しぶりの『フォルティス・オディウム』以外の番外編、楽しかったです。

posted by たつみ | 21:19 | 小話 | - | - |
300字SS『彼の望みは』

 春が来ると、白詰草が咲く草原で、王冠を編んだ。
 大好きな彼の紫の髪に、白と緑の冠を載せて、ごっこ遊び。
「王様、ご所望のものはありますか?」
 少し芝居がかった口調で、恭しく胸に手を当てて訊ねれば。
「君だよ」
 笑いを含んだ柔らかい声が耳朶を叩いて、腕が伸ばされる。
「ずっと一緒にいよう」
「お望みのままに」
 目一杯の笑みを返して身を委ねれば、温もりが包み込んでくれた。

 今、目の前に彼はいない。
「ご所望のものはありますか?」
 同じ問いを浮かばせて、じっと虚空を睨みつける。
「魔王様」

 今の彼が望むのは、世界か、あるいは、私の命か。
 あの頃の遊びではない問いを、いつか投げかける事になるのだろう。

――――――――――――――――――――――

第42回Twitter300字SS様参加作品。お題『遊ぶ』。

本日、物理本上巻がコミティアで初頒布となりました『フォルティス・オディウム』超番外編です。
去年あたりに、主人公視点で似たような話を一本書きましたが、あの話のネタバレをもっと突き詰めると、こういう事になります。
彼女達の運命については、物理本、あるいはこの先のWeb連載をよろしくお願いいたします。

posted by たつみ | 21:39 | 小話 | - | - |
300字SS『引き継ぎ』

 銃を、渡された。

「これが、隊長としてのお前の武器だ」

 王国最新式のリボルバー型。銀色の輝きは、ずしりと手に重い。

「さあ、新しい隊長に、最初の任務だ」

 僕を跡継ぎにする事しか頭に無くて、親らしい事を何ひとつしてくれなかった育ての親が、低い声で告げる。

「『先代を始末しろ』」

 しばらくの咀嚼の後、意味するところを理解して、驚きに目をみはれば、いつもどこか投げやりだった黒の瞳に、はっきりとした覚悟の光が宿っている。

「この腐れた国の、代々の儀式だ」

 その言葉にうなずき、真新しい銃口を真正面に立つ男の額に突き付ける。見上げる形になるのは、遂に彼に身長が追いつけなかった証拠だ。

「生きろよ」

 その笑顔に向けて、引鉄を、

 

――――――――――――――――――――――

 

第41回Twitter300字SS様参加作品。お題『新しい』。

 

最新作『フォルティス・オディウム』より、第2ヒーロー・ミサクの超番外編です。

この話については、かなり後でもう少し詳しく言及する機会があればいいなと思います。

まずは春ティアでの本編上巻を、よろしくお願いいたします。(とダイマ)

posted by たつみ | 21:02 | 小話 | - | - |
300字SS『可愛い僕のお人形』

 思いを言葉として吐き出す自動人形を買った。

「今日は良い天気です」

 北欧の少女のように白い肌。金色の髪と氷色のつぶらな瞳。高い鼻、ふっくらした赤い唇。

「彼女の為に、花を買いに行きたいです」

 瞬きひとつせず、にこりともせず、彼女は語る。

「素敵な女性です。もっと話したい」

「その声をずっと聞いていたい」

「手を握りたい」

「抱き締めたい」

 ある日から、人形の紡ぎ出す言葉は悪しきものになった。

「彼女の隣にいるあの男は誰だ」

「許せない」

「裏切りだ」

「いつか報復を」

 呪詛ばかりを垂れ流すこの人形は、壊れてしまった。破棄しなくては。

 レンチを振りかざして叩きつける直前、それは唇を歪めて嗤った。

「壊れたのは、貴方自身ですよ」

 

――――――――――――――――――――――

 

第40回Twitter300字SS様参加作品。お題『人形』。

 

久しぶりの、番外編ではない書き下ろしです。

が、とても不穏になりました。

posted by たつみ | 21:01 | 小話 | - | - |
サイト更新・2018/02/09。
+『フォルティス・オディウム』シズナ編1章4。
+『カフェ『アルテア』の営業日報』日報2ページ目追加。

以上の更新を行いました。

FOは、メインヒーローがヒロインのもとを去り、第2ヒーローが登場したところで、第1章終了です。明後日のコミティア123、と43b『雨の庭』(深海いわしさま)に委託させていただく体験版で、2章までが先行でお読みになれます。
……が、これ、奥付で申している通り、まだ最終手直し前の状態でして、子世代エクリュ編を書いていて気づいてしまった設定ミスを直しておりません。
正式版は、Web版の公開、あるいは、5月ティア発行予定の本編上巻をお待ちくださると幸いです。

また、四城半アーカイブの『カフェ『アルテア』の営業日報』は、基本的に、前週更新された日記を、1週遅れでアップしてゆきます。(土曜日日曜日にその週の結果をアップする事も考えたのですが、「どうせなら全部まとめてサイト更新したいなー」と、だらけた自分が言いました)

という訳で、私の気力がボッキリ折れなければ、今年は毎週金曜日になにかしら更新をしてゆく事になります。
今はまだ始まったばかりで、定期更新を守っていますが、去年の霧戦争日記とかを見ていると、だんだん遅れてゆく未来が見えるので……本当にちょっと気合入れて頑張りたいです、はい。
posted by たつみ | 20:49 | 更新履歴 | - | - |
300字SS『お約束』

 彼はやる事がいちいちしっかりしているが、失敗する事もあるのだろうか。

 彼でも、きまり悪そうに笑う事があるのだろうか。

 試してみたくて、悪戯を持ちかけた。

「ピザ、って十回言ってみて」

 彼は不思議そうに小首を傾げながら、「ピザ、ピザ、ピザ……」とはっきりと繰り返す。

 きっちり十回言いきった所で、「じゃあ、ここは?」と肘を指し示して笑う。

 彼は真顔で即答した。

「腕だろう?」

 ……試そうとした私が、馬鹿でした。

 深々と溜息をついて、がっくり肩を落とすと、彼は「解せぬ」という表情を浮かべて、また首をひねるのだった。


――――――――――――――――――――――


第39回Twitter300字SS様参加作品。お題『試す』。


本編公開を始めました、『フォルティス・オディウム』超番外編。

今まで色々と不穏を積み、本編もいきなり血生臭いので、少しだけふざけました。しかしこのオチはもう使い古されたものだと思うので、そこからの題名になります。

posted by たつみ | 21:08 | 小話 | - | - |
サイト更新・2018/02/02。
+『フォルティス・オディウム』連載開始
+『カフェ「アルテア」の営業日報』更新開始

……あけましておめでとうございます。(完全な今更感)
年末にご挨拶をしてから、新年に何にも書いていませんでしたが、今年もよろしくお願いいたします。
今年は、新作『フォルティス・オディウム』親世代を駆け抜け、定期更新ゲームのアーカイブもまた更新してゆくので、サイトはのろのろ動くと思います。
2018年もマイペースで活動するなまけものですが、お付き合いくださると幸いです。
posted by たつみ | 23:01 | 更新履歴 | - | - |
2017年を振り返って。(12/30 追記)
2017年も残り少なくなってまいりました。
今年は色々とあった年になりましたので、少し振り返ってみようと思います。
具体的な数字は出しませんので、何の参考にもならないかと思われますが、自己の記録として、残させていただきます。
続きを読む >>
posted by たつみ | 11:45 | 雑記 | - | - |
300字SS『約束を破る』、『渡せなかった碧』
『約束を破る』

 あれは遠き幼い日。
 シロツメクサの花畑で、花の指輪をひとつ編んで、君の左薬指にそっと通した。
『おおきくなったら、おれのおよめさんになって!』
 小さな贈り物に、君は碧い目を真ん丸く見開いて、それから、至上の幸せに満ちた笑顔で、大きく頷き返してくれた。
『うん! なる! わたしあなたのおよめさんになる!』
 だいすき! と。
 君は俺に飛びついて、二人して白と緑の褥に倒れ込んで、高い笑い声を弾かせながら転げ回った。

 全部、全部ただの思い出だ。

 約束を破ったのは、俺だから。君を裏切って、君を悲しませたのは、俺だから。
 だから、どうかせめて。
 花が似合っていたその手に剣を持って、俺の血で、白を隠す程に紅く染めてくれ。



『渡せなかった碧』

 旅の空の下、鬱屈した表情ばかりの貴女を少しでも喜ばせたくて、装飾品店で指輪を買った。
 貴女の誕生石は、その瞳の色と同じアクアマリン。良く知っている。
 宿を取った夕食の席で、贈るタイミングを見計らっていた時、目に入ってきた、貴女の左薬指に鈍く輝く、銀の指輪。
 何の装飾も無い、純度も低い銀製のそれが、何を意味するか。わからない訳が無い。

 ああ、そうか。貴女はまだあの男を想っているのか。

 そっと指輪を収めた小箱をポケットに戻し、夕食後、再び装飾品店に走って、細いチェインを買った。それに指輪を通し、首からかけて、服の下に隠す。
 貴女が誰を想っていても。
 誰にも気づかれず貴女の色を抱くくらいは、許されたいと思った。


――――――――――――――――――――――

第38回Twitter300字SS様参加作品。お題『贈り物』。

恒例になった、次回作予定『フォルティス・オディウム』超番外編でお送りします。
これがそれぞれ、最近インフォメペーパー等でチラチラお見せしている親世代のヒーロー、アルダとミサクの二人なのですが、
「何でお前ら揃いも揃ってそんなにエモいんだ」
と、書いた本人がツッコミを入れる事態になりました!
posted by たつみ | 21:20 | 小話 | - | - |