Search this site
サイト『七月の樹懶』の話と、更新履歴を主に。
<< サイト更新・07/30。 | TOP | 300字SS『貴方はいない』 >>
300字SS『俺の上司は眠らない』
 俺は上司が休んでいる所を見た事が無い。
 俺より遙かに下の年齢で、この国の重要な役目に就いているその少年は、人前で休息する姿を見せないのだ。というか、そもそもろくに眠ってもいないようだ。
「そのうち病気で倒れますよ、多少でも休んでください」
 あまりに心配でそう告げたら、彼は青い瞳を困ったように細めて、「僕は眠れないんだ」と答えた。
「深く眠れば悪夢を見る。それに、自分に課された役目を果たすまで、のうのうと休む事は出来ない」
 そんな彼は、遠くにいる一人の少女の事を、いつも気にかけているらしい。
 彼女がいつか彼のもとに来たら、彼も心から安息を得る事が出来るだろうか。
 それとも、更なる悪夢が訪れるだけなのだろうか。


――――――――――――――――――――――

第35回Twitter300字SS様参加作品。お題『休』。

次回作は軌道に乗ったら300字SS書きます? 誰でしょうねそんな事言ったのは。(私だ!!)
……という訳で、来年から始動予定の『フォルティス・オディウム(自分内通称FO)』の予備知識的超番外編です。
これだけだと、まだまだ何が何だかわかりませんが、今後公開されて、該当キャラが出てきた時に、「ああーこいつか……」と納得してくださったら幸いです。
そして主人公ではないこいつを一番手に持ってくるあたり、思い入れの偏りが、自分でもよくわかりますね!(顔文字「\(^o^)/」を使いたいです)
posted by たつみ | 21:14 | 小話 | - | - |