Search this site
サイト『七月の樹懶』の話と、更新履歴を主に。
<< サイトプチ改装しました。 | TOP | コミティアお疲れさまでした&サイト17周年です。 >>
300字SS『彼は彼方に』

 少しだけ、早起きをした朝。
 しっとりとした、白くけぶる屋外へ歩み出した時、思わず足を止めてしまった。
 霧の中でもわかる、紫の髪。同じ色の瞳が空を見上げ、ぼんやりと佇んでいる。
 その姿が今にもかき消えそうに思えて、慌てて名を呼べば、彼は弾かれたようにこちらを向き、柔らかく微笑んだ。
「どうしたんだ」
「貴方が、一人で消えそうだったから」
 胸に迫る不安を口にすれば、紫の眉尻が困ったように垂れる。
「俺はどこへも行かないよ。君を置き去りになんて、しない」
 彼の言葉の力に嘘は感じられなくて、「そうね」と曖昧に微笑み返す。
 
 その時はまだ、彼が本当に消えるなんて思ってもいなかった。
 白の霧ではなく、赤の炎の向こうへ、なんて。

 ――――――――――――――――――――
 
第48回Twitter300字SS様参加作品。お題『霧』。
またこうやって不穏を振り撒く!! とツッ込まれそうですが、
 
……………まだ子世代でこんなロマンス浮かばなかったんですよ……………。
 
という訳で、親世代主人公二人の、まだ何も知らなかった頃の、一幕でした。

 

posted by たつみ | 21:04 | 小話 | - | - |