Search this site
サイト『七月の樹懶』の話と、更新履歴を主に。
<< 300字SS『メイヴィスキッチン:夜のおやつ編』 | TOP |
2018年創作総括。
「創作」をテーマに書いた記事をアップしようぜ! というTwitter企画がありましたので、創作活動を中心に、今年の総括をしてみようと思います。
お前まだ年内にもう一回サイト更新あるだろ……そこで挨拶するだろ……? というツッコミは無しの方向で。

ここ数年そうなのですが、思い返せばイベント参加と原稿に明け暮れた一年でした。
中でも、昨年ノベル大賞に投稿して三次選考通過まで行った、『フォルティス・オディウム』の連載開始と、物理本発行が大きいです。
上巻初頒布の春コミティアでは、どれだけ売れるだろう、というか手に取ってくださる方いるの? と緊張が度を過ぎて、前日は二時間しか眠れず、同人剣豪睡眠不足をかまし、当日物凄いグロッキーで、お隣の青波零也さんにご迷惑をおかけしました。
それでも、ぼんやりした記憶の中、思っていたよりは本が旅立っていったので、ありがたい限りでした。
秋コミティアでは中巻発行。親世代の終わり方がアレだったのに、継続して買ってくださる方がいらして、ほっとしました。

順番は前後しますが、夏はやはりText-Revolutionsでしょう。
第7回開催日の7月16日が、ドンピシャで私の誕生日で、勝手に一人企画「『誕生日おめでとう』で100円引きフェア」を開催しておりました。結果、普段言われないくらいの人数の方に「お誕生日おめでとう」を言わせもとい、言っていただきました。
テキレボ7では、去年の新春頃に発案して、水面下で計画を進行させていた、通称闇鍋、合同誌『お姫様と騎士の薔薇庭園』を発行出来ました。
「同じコンセプトで、違う人間が話を書いたらどうなるか、を見たい」
と酒の席で酒を飲んでいない私が発した無茶振りについてきてくださった、青波さん(編集作業も一手に引き受けてくださいました)、卯月慧さん、柏木むし子さん、紙箱みどさん、ほたさん、ありがとうございました。根底ルールがあるし、六人いたら、少しくらいかぶるんじゃないか? と思っていたのですが、皆さんものの見事に己の特徴を前面に押し出した、まさに色とりどりの薔薇が咲きました。
いやほんとびっくりして、一周回って笑ってしまいました。ありがとうございます。
こちらの本は、まだ在庫があるので、ご興味のある方は是非。来年個々での他誌他メディア公開を解禁しますが、全員の物語がいっぺんに読めるのは、合同誌のみとなりますので。

オフラインに注力して、最近失速気味だな、と思うのが、Web掲載の方です。特に『フォルティス・オディウム』は、物理本発行を先行しているので、Web連載は週一になっています。
子世代エクリュ編が50話以上あるので、単純計算しても、来年3月のテキレボ8での下巻発行より先に、Web公開が終わる事はありません。番外編もあるので、Webでの連載期間は、2020年あたま頃まで続くかと思われます。
……と言いつつ、なろうコンとか、カクヨムコンにひっそりこっそり参加しております。選考通りたいな〜という気持ちは全く無いとは言わないものの、血反吐吐いても絶対に勝つ、という気概まではありませんが、これを機に、たつみ作品に触れてくださる方が増えたら御の字だなあと思っております。
ので、応援やご感想は、ありがたく頂戴しております。ありがとうございます。
とはいえ、出来るだけ興味無さそうにしていますが、オフで私とそういう話をした方はご存知の通り、本当はなんだかんだでブクマ数やPV数をめちゃくちゃ気にしているかまってちゃんです!(言った!)

コンテストの話が出たので、水面下の話も少しぶっちゃけます。
2012年から、私は所謂『投稿クラスタ』になっています。毎年一作どこかに投げては、落ち続けています。
去年の『フォルティス・オディウム』が(長編賞では)初めての奇跡で、今年の投稿作はまあーいつものごとく一次落ちでしたし、選評も「せやな!!!!!」と納得するしか無い評価をいただきました。
でも、その時に出せる全力を尽くした事には間違い無いですし、下読みして背中を押してくださった皆様に感謝の念は絶えないので、納得するしか無いのは素直に受け止めて、少々加筆修正して、物理本として世に解き放とうと思っています。これについては後述で。

今年創作したもの、というと、なんだかんだで数は少なくて、有料頒布したのは、『フォルティス・オディウム』上中巻と、『お姫様と騎士の薔薇庭園』、FE覚醒再録本『With you』くらいでしょうか。あとは、無配本やペーパー、テキレボアンソロ用の掌編をちまちまと。
来年用の短編や、まだ言えないソレとか、短い話も書いております。それに加えて、来年度のオレンジ文庫ノベル大賞に応募した長編一作ですか。
あ、みどさん主宰の、ωさん原作、デドイバルシリーズアンソロジーにも寄稿させていただきました。人様の作品の二次創作楽しかったです! 原作者チェックで突っ込まれた時は、「やらかした〜!!」と頭を抱えましたが。(解釈違いが地雷な人間がじばくした)
今年新規に書き下ろし(てエンドマークを打っ)た作品の総字数は、全部合わせて多分10万字あるかないかくらいですが、正直なところ「何文字書いた」かよりは「何を書いたか」を誇るべきだと思っている宗派の人間ですので、自分では「まあ、妥当なところだよな」と思っております。
飽きっぽい性分で、歳を取るにつれて集中力も落ちてきているので、「完遂した」、それが何よりの自己肯定になっている部分があります。

今年の話はこれくらいにして、来年の創作の抱負を。
まずは投稿用の長編を一本書きます。今年出そうとして、コンセプトがダダかぶりの作品を見つけてしまい、それが今年の4月の事で、慌てて別の話を書き上げて提出したのですが、「読みたいです」のお言葉をいただけたので、来年は、宙ぶらりんになっているこの話を書き切ってみたいと思います。
イベント参加はほどほどに。とはいえ、コミティアとテキレボは、冬ティア以外はサークル参加をして、何かしら新刊を出せたらいいなと思います。
そう、新刊ですね。テキレボ8で『フォルティス・オディウム』下巻、9が秋にあったら番外編を予定しています。秋テキレボが無かったら秋ティアです。『フォルティス・オディウム』はそれでおしまいになります。(と言いつつ、その後も何か書いてるのは、前作『アルテアの魔女』で証明していますが)
それ以外に、春ティアで短編(短編再録本になるかもしれません。これはこの後3ヶ月の私次第です)、夏ティアで、リアル中2の頃から付き合ってきた物語の物理本化を目指しています。後者は既に表紙絵をキャラデザ込みでお願いしている状態ですが、前者は……描きます。表紙絵を。私が。
今までの人生の半分くらいまでは漫画を描いていた者として、クリスタも買い切りに向けて課金を始めましたし、もう少し自分で絵を描けるように、リハビリしたいです。クリスタの機能を全然使いこなせていませんが! 多分これ、もっとちゃんとノウハウサイト見たら、「私なんでこんなめんどくさい事してたの」って、宇宙猫顔になるやつですね、はい!

そして再来年に向けても少しずつ動いてゆきたいです。
前述の、今年度の投稿作を改稿して、2020年春に(ちゃんとイベントが開催されたら)出したいと思っています。こちらについては、「本にする時には表紙描きますよ!」と、ありがたいお声がけをいただいていますので、それに甘えるつもりです。
あとは……………プロジェクトXですね。
2016年の文フリで無配を出して、「2018年頃までお待ちください」と書いたのですが、なんか2018年がもう息も絶え絶えですね? 億が一にもお待ちくださっている奇特な方がいらしたら、平に申し訳ございません。
サイトを開設した時に連載開始して、7年かけて完結させた作品ですが、これを死ぬまでにもう一度リメイクして解き放ちたいので、2021年のサイト20周年までに、何とか公開を始める事ができたらいいなと、思っ……思って……います。
プロジェクトXに集中する為には、投稿を切るのが一番手っ取り早い事はわかっているのですが、
「投稿をやめたからって、そこで出来た時間で、お前は本当に書き進めるのか?」
と、もう一人の私が嘲笑っているので、今まで通り投稿をして、気が向いた時に気が向いたものを書いて、その中で、プロジェクトXも完成に持っていきたいと思います。

「思います」ばかりの総括になりましたが、こうして振り返ると、本当に私の人生は創作で出来ているなあ〜とつくづく感じます。
それで追い詰められて精神壊さない限りは、元気にリアル生活を送っていられるので、これは毎度言う事ですが、本当にもう書けない、何もかも枯渇した、と思うまでは、筆を折らずに、「私は! これが!! 好きです!!!!!」というなにかしらを書き続けていたいと思います。
あっあと、ポプルスさん使いたいですね!(突然)
印刷所は安定のちょこっとさん×サンライズさんのお世話になっていますが、生来の不器用なので、カバーは巻いてもらいたいですし、イベント当日に机の下に箱が届いているドキドキを長らく味わっていないので、そろそろできたらいいなと思います。

そんなこんなですが、今年もお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。
来年もくりまんじゅうは相変わらずだと思いますが、なにとぞよろしくお願いいたします。
posted by たつみ | 20:20 | 雑記 | - | - |